【IT】雑音の中でも…AIが複数の人の会話聞き分けて書き起こし リアルタイムで議事録作成OK NTTが開発 [H28/9/11]

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/09/11(日)20:03:53 ID:???

雑音の中でも…AIが複数の人の会話聞き分けて書き起こし リアルタイムで議事録作成OK NTTが開発

NTTは、大きな雑音の中でも必要な音声を認識して正確に書き起こすことができる人工知能(AI)技術を開発した。
複数の人の会話を発言者ごとに聞き分けることも可能で、会議の議事録をほぼリアルタイムで作成することができるようになるという。
1~2年後の実用化を目指す。

人の言葉を理解して学習するAIにとって音声認識は重要な技術で、雑音はその“大敵”となっている。
雑音を除去しようとすると、必要な音声も変質してしまい正確に認識できなくなるという課題があった。

NTTは、音の大きさや方向などから認識すべき音声と雑音を自動的に推定し高精度で識別するアルゴリズム(手順)を開発。
必要な音声をひずませることなく、雑音だけを低減させる技術を確立した。必要な音声が聞き取りにくいほどの雑音にも対応できる。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/160911/ecn1609110011-n1.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 54◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1472872400/655

元スレ:・【IT】雑音の中でも…AIが複数の人の会話聞き分けて書き起こし リアルタイムで議事録作成OK NTTが開発 [H28/9/11]

“【IT】雑音の中でも…AIが複数の人の会話聞き分けて書き起こし リアルタイムで議事録作成OK NTTが開発 [H28/9/11]”の続きを読む

【技術】マサチューセッツ工科大学、ページを開かずに本を読む技術を開発 [H28/9/12]

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/09/12(月)22:11:55 ID:???

ページが開けないほど傷んだ古代の文献など、各種応用が期待される
マサチューセッツ工科大学、ページを開かずに本を読む技術を開発
2016年09月12日 17時41分更新

マサチューセッツ工科大学(MIT)は9月9日、本を閉じたまま文字を読む技術を開発したと発表した。

これは「テラヘルツ波」と呼ばれる光(赤外線)と電波(ミリ波)の間の周波数を持つ電磁波を用いたイメージング技術。
テラヘルツ波の発振・受信には特殊なアンテナなど新技術を必要とするが、光よりも透過性が高く、また電波よりも高い分解能が得られる。

テラヘルツ波イメージングは、短パルスの反射を捉えて映像化するレーダーのような技術だが、
紙とインクによって電磁波の吸収比率が異なるため、反射波を解析すれば上にある紙を通して
印刷された文字が読めることになる。とはいえ紙の厚みの変化や歪みにより、
あるページの文字と次のページの文字を区別するのは難しく、これを補正するために文字認識的な技術を含む
新たなアルゴリズムを組んだという。

続き ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/001/228/1228052/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 54◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1472872400/744

元スレ:・【技術】マサチューセッツ工科大学、ページを開かずに本を読む技術を開発 [H28/9/12]

“【技術】マサチューセッツ工科大学、ページを開かずに本を読む技術を開発 [H28/9/12]”の続きを読む

【エネルギー】メタンハイドレート利用に光 新潟大などが気泡回収技術 発電用燃料として活用へ [H28/9/8]

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/09/08(木)16:05:49 ID:???

メタンハイドレート利用に光 新潟大などが気泡回収技術 発電用燃料として活用へ

新潟大と東京海洋大(東京都港区)を中心とする研究グループは、次世代のエネルギー資源
「表層型メタンハイドレート」が眠る海底から、柱状に立ちのぼるメタンガスの気泡の柱
「ガスプルーム」を回収する基礎技術を、佐渡島の沖合で実施した探査を通じて確立した。
今回の成果を踏まえ、新潟大災害・復興科学研究所の福岡浩教授は
「大規模な捕集システムで泡を船上に引き揚げ、発電用の燃料として使えるか確かめたい」としている。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/160908/lif1609080024-n1.html

元スレ:・【エネルギー】メタンハイドレート利用に光 新潟大などが気泡回収技術 発電用燃料として活用へ [H28/9/8]

“【エネルギー】メタンハイドレート利用に光 新潟大などが気泡回収技術 発電用燃料として活用へ [H28/9/8]”の続きを読む

【IT】個人農家がディープラーニングを使った「きゅうり仕分け機」を開発 [H28/9/1]

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/09/01(木)17:00:04 ID:???

個人農家がディープラーニングを使った「きゅうり仕分け機」を開発!

静岡県で農家を営む小池誠さんは、Googleがオープンソースとして公開した機械学習ライブラリ
「TensorFlow」 をつかって、きゅうりの仕分け機を開発しました。
きっかけは、世界の棋士と互角に対戦した「AlphaGo」を知ってからだったそうです。

仕分けの手間を解決しよう!

「Google」によると、小池さんは自動車部品メーカーで制御システムの開発に7年間携わっていましたが、
退職を機に1年前から両親の仕事を手伝うことに。

そこで気づいたのが、「仕分け(選果)」の難しさと手間の多さでした。

大型の仕分け機は存在していますが、能力やコストの面で制約もあり、個人農家では一般的に使用されていません。
そのため、仕分け担当は小池さんのお母さん。収穫のピーク時には、1日8時間ずっと作業に追われることもあります。

続き TABI LABO
http://tabi-labo.com/275263/cucumber-sorting/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 53◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471738109/785

元スレ:・【IT】個人農家がディープラーニングを使った「きゅうり仕分け機」を開発 [H28/9/1]

“【IT】個人農家がディープラーニングを使った「きゅうり仕分け機」を開発 [H28/9/1]”の続きを読む

【科学】人が乗って歩行可能 身長4メートルの巨大人型ロボ 大阪・西淀川の町工場製作[H28/8/21]

1: トト◆53THiZ2UOpr5 2016/08/21(日)19:58:55 ID:???

身長4メートルの巨大人型ロボ 大阪・西淀川の町工場製作
2016/8/21 15:11

区内のロボット製造会社「はじめ研究所」の坂本元社長(49)が地元の
町工場の経営者らと協力し、約6年かけて製作。胴体内に人が乗り込んで操作し、
分速約12メートルで歩行が可能という。
(以下略)

※全文は47NEWSでご覧下さい。
http://this.kiji.is/139972628230718966?c=39546741839462401

■関連サイト
HAJIME ROBOT
http://hajimerobot.co.jp/

“【科学】人が乗って歩行可能 身長4メートルの巨大人型ロボ 大阪・西淀川の町工場製作[H28/8/21]”の続きを読む