【プレジデント】橋下徹さんに質問です! 出生率を上げるにはどうすればいいですか? [H28/8/31]

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/08/31(水)10:20:45 ID:???

橋下徹さんに質問です! 出生率を上げるにはどうすればいいですか?
大学までの「教育無償化」こそが、少子化対策の切り札だ!

▼相談
ズバリ出生率を2人以上にするためにはどうすればいいでしょうか。なぜ政府がこれまで効果的な対策を打つことが
できなかったのかも含めてご意見たまわりたいです。

▼回答
少子化対策で、ちまちましたいろんな政策をやっても全く効きません。それは今までの政策が証明しています。
「国は本気で少子化問題解決する気があるの?」って、みんな思ってるでしょ。

子どもを産むネックになってるのは、やっぱり教育費ですよ。ここは日本人の美徳ですが、
親は子どもの教育費のために自分を犠牲にしてでも、お金を出そうとします。
子どもを労働力と見なすなんてことはしない。でもその反面、教育費が出せないから、
子どもを産み控えるっていう現象が出てきちゃってる。

これはもう、教育の無償化を成し遂げて、子どもが生まれてから大学卒業するまでは完全無償にすべきでしょう。
教育費に占める私的負担率が日本は異常に高いから、公的支出をもっと増やして私的支出を減らしてあげる。
ご存じのように、大阪府では私立の高校も無償化しました。それから税制でも子どもが増えれば増えるほど、
税額が減っていくようにすべき。

続き プレジデント
http://president.jp/articles/-/20059

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 53◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471738109/672

元スレ:・【プレジデント】橋下徹さんに質問です! 出生率を上げるにはどうすればいいですか? [H28/8/31]

8: 名無しさん@おーぷん 2016/08/31(水)12:34:38 ID:5fU

>>1
>子どもを産むネックになってるのは、やっぱり教育費ですよ。ここは日本人の美徳ですが、
>親は子どもの教育費のために自分を犠牲にしてでも、お金を出そうとします。

ぜんぜん違う。

そもそもの問題は【企業の人事部が手抜き・責任回避してるだけ】。

採用した新入社員に問題があると人事採用担当の責任になる。
ここで
【偏差値の高い大学だから基本的な能力はあると思ったので採用しました】という
【言い訳】をするために大学のランクを基準にしてるだけ。

そのランクの上に食い込むためには入試で他人に勝たねばならず、必然的に偏差値競争へとつながる。
偏差値競争に勝つためには学習の質や機会、環境などを充実させねばならず、
それが【教育費】として数値化される。

ではなぜ人事採用担当者の責任が重くなるのか?

それはカンタン。
単に【日本では正社員として採用したらなかなかクビにできないから】でしかない。

【一度採用したら、問題があってもなかなかクビに出来ないから人事採用担当の責任が重くなる】
【重い責任で失敗できないから人事採用担当は「言い訳しやすい道具」として「大学のランク」を使う】
【「ランク上位の大学」に入りたいから入試で競争が激化し受験戦争が始まる】
【受験戦争に勝ち抜いて「ランク上位の大学」に入るために教育費がかさむ】
【教育費がかさむから若者はなかなか結婚・子作りをできない】

と繋がるわけだ。

本当に本質的な原因を解消するなら
「問題のある社員を解雇できるようにすればいい」。
ただそれだけのことにすぎない。

 

11: 名無しさん@おーぷん 2016/08/31(水)12:41:48 ID:5fU

>>8のつづき

会社が問題社員を簡単にクビにできるならば、採用で多少失敗があってもクビにしてまた募集かければいいだけなので致命的な問題にはならない。
だから企業側も、これはと思う応募者を思いきって採用してみる事ができる。

そうすると「採用のハードル」が下がるから、現在ほど大学のランクを言い訳にしなくて済む。

そうすると過度な「大学のランク競争」をしなくて済むので、
受験戦争の価値そのものが下がる。

そうすると無理に教育費をかけて勉強にシノギを削らなくてよくなる。

そうすると教育費が深刻な問題にはなりにくくなるので結婚・子作りのハードルが下がる。

(;゜Д゜)ウマー

 

3: 名無しさん@おーぷん 2016/08/31(水)11:06:06 ID:lRC
中卒で働くことは悪いことではないのに悪いことのように思わせる社会も問題だと思うけどね

 

4: 名無しさん@おーぷん 2016/08/31(水)11:19:08 ID:CZX
>>3
結局、ファッションで大学まで行っとけという雰囲気が女性の高学歴化を呼び
結果的に晩婚化を招き、その結果少子化となってるのに、誰もがそれを理解してるはずなのに
口にするとフェミナチからの粛清に会うから黙ってる

 

7: 名無しさん@おーぷん 2016/08/31(水)12:23:01 ID:5UP
年寄りの医療費よりも子供への教育に投資するべきなのは間違いないな

 

13: ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI 2016/08/31(水)15:08:43 ID:Maq

社会性を鑑みて、
「悪意を持った学校」は減らした方がいいと思いますけどね

生産性皆無で、浪費と焦燥感ばかりを刷り込むようなやつ

 

14: 名無しさん@おーぷん 2016/08/31(水)15:17:31 ID:RCW
財源が確保できるのか?
とりあえず、修学したとはいえないようなレベルのところにまで大学の称号を与えるな
それと中高大卒業に価値を持たせたいのなら卒業認定の統一試験を受けさせるべき

 

18: 名無しさん@おーぷん 2016/08/31(水)19:51:15 ID:6FN
出生率がどうのという考え方が間違っている
日本という国の「定員」がもう一杯だから子供が増えないだけ
子供が増えて欲しいなら定員を増やすか、座席の空きを増やすしかない

 

19: 名無しさん@おーぷん 2016/08/31(水)20:09:55 ID:tAm
要りもしないFラン大学を延命させるってことだよね

———————————————-
子どもを欲しい人が子どもを育てないのには経済的理由や
健康的理由があるでしょうし、子どもが欲しいと思わない人には
その思想を持つに至ったきっかけがあるでしょう。
経済的理由が主要な理由である場合、子どもに関する支出の
主要なものである教育費を税により補填する方針には賛同できます。
もちろん、教育機関たる学校の機能が公に定義され、それが認知され、
教育の役割を全うできるように体制が整備されていることが前提ですが。
この手の話題がもっと活発に議論されるようになることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です